2012年05月28日

講演会のお知らせ


 子どもの被ばくについての講演会がわれます。講師は、原発事故を起したチェルノブイリ、そして福島に入られており、また、福島の子どもたちの医療相談もしておられる山崎医師です。

◇講演会
 〜福島とチェルノブイリ〜子どもの被ばく

 講師:山崎知行さん(上岩出診療所医師)

 日時:2012年6月9日(土)
    午後2時〜3時半(開場1時半)

 場所:プラザホープ 3F 会議室
    (ビッグホエール北隣 Tel:073-425-3335)

 主催:公益財団法人日本キリスト教婦人矯風会

 連絡先:山崎喜美子(理事・矯風会和歌山)
     Tel:0736-62-5895

 *案内チラシ*

posted by ブログ管理者 at 00:32| Comment(0) | ●お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

設立総会記念講演録:文字おこし


 これは、2012年4月14日、和歌山市の「あいあいセンター」で行われた『子どもたちの未来と被ばく考える会』設立総会の記念講演の内容を文字おこししたものです。
 講演の中で池田こみち氏は、がれきの広域処理について、必要性・妥当性・正当性の面から検証、様々な問題点を指摘しています。
 がれきの広域処理を考える際の一助になれば幸いです。

がれき広域処理の問題点(PDF)
講師:池田こみち氏(環境総合研究所副所長)
制作者:松永久視子 湯浅友美 芝野絢子
発行:子どもたちの未来と被ばくを考える会

posted by ブログ管理者 at 00:01| Comment(0) | ●資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

5/21:説明会開催の申し入れ


 5月21日、広域処理震災ガレキ受け入れについての説明を求める申し入れを和歌山市長宛に提出しました。


 申し入れの際に対応くださった井本審議官と尾玉環境事業部長は、「市長がホームページで発表している内容と同じで何も変ったことは無いので説明することは何もない。」との返事でしたが、話を重ねるうちに、「担当課が個別には対応させていただいている。」と言われたので、「私たちの会員が20〜30人一緒に担当課に行っても対応してくれるのですね。」と念を押すと「それは困る。」と。そこで、担当課で、24日か25日、13時から話が聞けるような場を設ける方向で調整してもらうよう依頼したが、翌々日の23日、「今のところ、(対応は)出来ない。」との返事がきました。

 またできる状況になれば(いいのですが...)、日程等決まりましたら、皆様にご連絡いたします。

posted by ブログ管理者 at 01:07| Comment(0) | ●報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。