2012年08月07日

安田節子さんの「食品と放射能汚染」講演会感想


 7月29日 安田節子さんの「食品と放射能汚染」の講演会を開催しました。

 放射線は身体の中で遺伝子を傷つけ悪影響を与えること、どんなに微量でも影響があり「これ以下だったら大丈夫」といえるような「安全線量」などないこと、今でも放射能は漏れ続けていて安心できないこと、食品、特に魚の汚染は事故から1年から2年経ったころに一番出てくるだろうということを教わりました。

 この中でも「安全な基準値などなく、放射能汚染された食品は出荷されるべきではなく、また影響の大きい胎児や子どもはこの食品汚染からしっかりと守らなくてはいけない」ということを学びました。

 対策としては、・汚染のない地域のものを食す。・グレーゾーンのものについては調理方法で放射能を減らす工夫をする。・日本古来の食事法「マゴワヤサシイ」(マメ、ゴマ、ワカメ、ヤサイ、サカナ、シイタケ、イモ)プラス玄米で、必要なミネラルを採り、放射性物質を取り込みにくい栄養状態をつくること。例えば、身体はストロンチウムをカルシウムと間違えて取り込んでしまうので、カルシウムを充分とっておいてストロンチウムの吸収を防ぎましょうといったわかりやすい説明で、「栄養バランスの取れている食事」がいかに大切かがわかりました。

 他にも、市民として行政や食品業者にしっかりと働きかけましょう、ということも印象的でした。検査範囲や回数を拡大すること、検出限界値を公開することなどを要求することも必要です。
 例えば、チェルノブイリ後のベラルーシのように小学校ごとに市民が食品を持ち込み検査できる設備を備えて欲しいと訴えるのもいいでしょう。汚染のない食品を自分たちのために探す以外にも、この日本の食品状況を改善していくために行政や業者に働きかけをし、「安全で安心な食べ物を国民は消費者は求めているんだ!」ということをアピールし、食品業界全体の放射能汚染に対する対策の向上を訴えていかなくてはいけないということがわかりました。

 「一日一電話」「友だちとお茶のついでにいっしょに一電話」など、ちょっとずつでいい、「できるときにできることを」積み重ねていければいいですねと語ってくださったのが励みになりました。

posted by ブログ管理者 at 11:37| Comment(0) | ●報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする