2013年06月20日

●子どもたちの未来と被ばくを考える会のつどい@6/15 報告


<子どもたちの未来と被ばくを考える会のつどい>報告

このつどいは、2013年6月15日(土)、和歌山市NPO・ボランティアサロンにて開催されました。
13時より総会、続いて13時30分より報告及び講演会でした。
当日のようすを簡単に報告させていただきます。

●総会:17名の出席のもと世話人による司会により、代表世話人挨拶、2012年度活動報告と今後の課題、会計報告、監査報告、2013年度役員紹介が行われ、いずれも拍手で承認されました。

●報告:「放射性がれきの問題点」について内海洋一さんが報告しました。和歌山市の場合がれき処理の引き受けは幸い阻止されたが、全国の震災がれき広域処理問題では、国の原発推進政策との関連が顕在化しているということです。

●講演:「福島の子どもたちの・今」講師の山崎知行さんは、医師としてこれまで何回もチェルノブイリを訪問され、とくに原発事故の後には、毎月のように福島に通って直接に子どもたちの健康被害の相談に応じて来られました。本会の会員でもあり、1周年のつどいの機会に、福島の実態をぜひ広く会員内外の方にお伝えいただきたいということで講演を依頼しました。その目の当たりにされた経験談は、撮影された写真とともに、私たちの心に迫りくるものがありました。たとえば、放射線量を低く測定するよう仕組まれたモニタリングポスト、汚染の減らない環境で子どもを育てるお母さんたちの日々の不安や迷い、その不安を口にすることすら憚られる「復興キャンペーン」など等。「フクシマの人たちの心によりそう」ことの意味を考えながら「和歌山に住む私たちは何をすればいいのか」と問いかけられました。

●質疑(報告・講演の後):避難されている当事者や関係者からの切実な質問をはじめ、「私たちは何ができるのか」が議論になり、一つに「子どもたちの和歌山での保養」が挙がりました。今後の課題として示唆されます。

以上。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●2013年度会費納入のお願い ※年間 1口 2,000円

 口座番号 00990−8− 209526
 加入者名 子どもたちの未来と被ばくを考える会

新規会員(世話人)も随時募集しています。
よろしくお願いします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

posted by ブログ管理者 at 17:07| Comment(0) | ●報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。